ホーム  >  シェア住居の管理運営

シェア住居(シェアハウス・フラットシェア)の管理運営


実は、シェア住居(シェアハウス・フラットシェア)の管理はすごく難しくて大変です。

三鷹で『楽家(がくや)』シリーズを管理運営しているからわかりました。 でも、事前にルールを決めて入居者を選択して契約することによりある程度コントロールできることもわかりました! シェアハウスとして利用できる主な住居は以下をご参考にしてください。

・ 古い一戸建て(古くからの実家で両親が健在なうちは建替えたくない)

・ 二世帯住宅(両親と同居していたがそのスペースと自分たちの居住スペース)

・ 転勤留守宅(家具家電をそのまま利用できますので初期導入費用が安価)

・ ファミリー向け賃貸マンションの空室(最低3人が住むことができる3DK以上)

・ 社宅、寮(一部改修してシェアハウス&○○)など。。

 

シェア住居のメリット
・ 1件を複数人に貸すため通常より高い家賃で貸せて空室リスクが小さい
・ 退去時の原状回復(リフォーム)費用が通常の賃貸よりかからない
・ 通常6か月定期借家契約のため自己使用する場合の退去が可能

 
シェア住居のデメリットと思われること
・ シェア住居に向かない間取りもある
・ キッチン、浴室など共用部の清掃、管理運営に手間がかかる
・ 一般の賃貸住宅と比べると短期入居が多いと言われている
  (当社管理物件の平均居住年数は17か月くらい/ 最短3か月・最長3年以上)


上記を保有していて検討したいという場合は、無料相談(運営相談)をご利用ください。

電話 0422-70-5331

 

もしあなたが、

・ シェア住居(シェアハウス・フラットシェア)として賃貸しているが集客や運営で困っている

・ 空家(空室)をシェア住居(シェアハウス・フラットシェア)として運営したい

・ 自宅を賃貸してマンションなどへ住み替えたい

・ シェア住居(シェアハウス・フラットシェア)に投資したい

という場合は、無料相談(管理運営相談)をご利用ください。

電話 0422-70-5331

 

当社管理運営

 三鷹シェアハウス「楽家(がくや)」

 三鷹フラットシェア(分譲マンション型シェアハウス)「楽家吉祥寺南」 

 府中シェアハウス「楽家西府(にしふ)」

 国分寺シェアハウス「♪ 楽家(おんがくや)」/ 防音室付

 

募集方法、条件など

準備期間  2~3か月、定期的に募集条件は見直しが必要

コーディネートフィー  家賃総額の3か月分

マネジメントフィー  集金総額の20%から30%

募集タイプ  原則個室で5室以上(転勤留守宅除く)

テーマ、住むメリット、室内装飾、家具家電についてはご相談のうえ、
ニーズに合ったご提案をさせていただきます。

 

 

ページトップへ